メインテクノロジー ホーム  
VeEX(ビーエックス)メインテクノロジー
お問い合せ サイトマップ  
  home home home home
 

製品一覧から探す

高分解能OTDR

 

LOR-200 OTDR 高分解能 携帯型OTDR

LOR-200
型式 LOR-200
メーカー名 Luciol 製品分類 光通信用測定器
概要 Luciol InstrumentsのLOR-200 はポータブル高分解能 OTDR です。高分解能な為、一般的な OTDR では測定不能なファイバ測定が可能です。LOR-200は20cm 毎に障害を分割したうえで広いダイナミックレンジを提供します 短いパルス幅 (2ns) でもダイナミックレンジは 15dB あり、短距離ファイバの光スプリッタも識別が可能です。 Live PON (Passive Optical Network) を測定する為の波長 1625nm のオプションもあります。
用途 高分解能、光監視、プラスティックファイバ
主なOTDR測定器
■一般的なOTDRでは解決できないイベント測定では解決できないイベント測定
■PON及びその他光ネットワーク構築、建設、保守時
■光ファイバセンサ
■FTTH
■航空宇宙
■その他
特徴
■4波長まで実装可能
■高ダイナミックレンジ
■試験結果は .sor 形式
■USB 及び LAN接続
■タッチスクリーン 高輝度LCD
■要求によりカスタマイズ可能
■操作が容易なWindowsベースのOTDR測定器
仕様
波長:1310nm, 1490nm, 1550nm, 1625nm (±10nm)
■ダイナミックレンジ:30 dB パルス幅 = 1 m s (S/N=1), 15 dB パルス幅 = 2 ns (S/N =1)
■イベントデッドゾーン: 20cm
■アテネーションデッドゾーン: < 1m
■パルス幅: 2ns, 5ns, 10ns, 30ns,100ns, 300ns,1 ms
■距離レンジ: 1.25, 2.5, 5, 10, 20, 40, 80, 160km
アプリケーション例
PON測定
PON(Passive Optical Network)は、光ファイバー網の途中にスプリッタを入れ、 一本のファイバーを複数の加入者宅に引き込む方式です。従来のOTDRではスプリッタ以降のファイバ解析は、1つのトレースに全イベントが反映される為困難でした。また、ONT側から測定するにはフィールド技術者が必要です。更に全てのファイバを測定するには高出力のレーザが必要であり、 伝送路に悪影響を与えるため運用での使用は困難です。 LOR-200はフォトンカウンティング技術を使用している為、低出力のレーザを使用しOLT側から測定が可能です。
測定結果例 1 
3.5 km の PON システム(100 nsにて測定)
1.フロントパネル反射 0 m
2.カプラ C1 2 km 上
3.カプラ C2 3.5 km 上
4.C2の直後に 8 つの ONT の反射
測定結果例 2 
3.5km 以降のONT反射の拡大図(2nsパルスを使用)
         
20cm 離れた相似形のイベントや
30-40cm 離れた異なる形のイベントを見分けることが可能です。
フォトンカウンティング OTDR とアナログ OTDR の比較