メインテクノロジー ホーム  
お問い合せ サイトマップ  
  home ニュース 製品紹介 サポート
 

製品一覧から探す

イーサネットテスタ
 

UX400 次世代モジュラープラットフォーム

UX400
型式 UX400
メーカー名 VeEX 製品分類 イーサネット、SDH/SONET関連測定器
概要 世界標準 N×64kbps→100Gテスタ。マルチタクス・マルチサービス・マルチインタフェイス・マルチユーザに対応。
100Gハーフサイズモジュール 6モジュール実装可能で、100G 6ポート同時動作、600G対応テスタ
用途 多ポート、マルチインタフェースの評価に最適
特徴
■10.4インチ高解像度・大型タッチパネル
■最大で40/100G 6ポート同時動作
■最大で12ポート同時動作(1GE/10G/2.5G/FC)
■VNC/SCPI リモート機能
■40G/100GE/OTN3/4 (CFP LR4モジュール最大2ポート実装可能)
 ・OTU4 100G/OTU3 40G マッピング
  OTU4 多段マッピング ODUflex, ODU0, ODU1, ODU2e, ODU3
 ・RFC2544, V-SAM(ITU-T Y.1564)
 ・IEEE802.3ah, IEEE802.1ag, ITU-T Y.1731
 ・40GE/100GE マルチストリーム, LANE BERT, PCS解析
■100G CFP2/40G QSFP+ (最大6モジュール6Port)
■100G CFP4/40G QSFP+ (最大6モジュール6Port)
■100G QSFP28/40G QSFP+ (最大6モジュール6Port)
■10GE/SDH/OTN2Port(最大6モジュール12Port実装可能) 
■コンボ 10M/100M/1GE/10GE/OTN/SDH/PDH/FC(最大6モジュール実装可能)
■ファイバチャネル(最大6モジュール12Port実装可能)1/2/4/8/10/16G
■1GE(最大6モジュール12Port実装可能)
■OSA (光スペクトラムアナライザ)モジュール

多彩なモジュールラインアップ
 
測定画面例
 
各モジュールの機能と特徴
◆40G/100GE/OTN3/4 (MAX  2モジュール実装可能)
 ■対応CFP  40GBASE-LR4/OTU3, 100GBase-LR4/OTU4,
  10×10MSA(100GE),100GBase-SR10/OTU4
 ■OTU4 100G/OTU3 40G マッピング
  ・OTU4 多段マッピング/ODUflex,ODU0,ODU1,ODU2e,ODU3
   ■RFC2544,IEEE802.1ag、ITU-T Y.1731
   ■40GE/100GE MPLS-TP OAM ITU-T G.8113.1
 ■40GE/100GE マルチストリーム、LANE BERT、PCS解析
◆10GE/SDH/OTN2Port(MAX 6モジュール実装可能)
 ■イーサーネット
  ・10GE WAN/LAN
 ■OTN/SDH
    ・ODU0,ODUFlex,OTU1/2/1e/2e,
    ・STM-0/1/4/16/64,OC1/3/12/48/192
◆コンボ(MAX6モジュール実装可能)
 ■イーサーネット
  ・10/100/1000Base-T, 100Base-FX/1000Base-X,10GE WAN/LAN
 ■OTN/SDH/PDH
    ・ODU0,ODUFlex,OTU1/2/1e/2e,
    ・STM-0/1/4/16/64,OC1/3/12/48/192,DS1/3, E1/2/3/4
 ■ファイバーチャネル
    ・1G,2G,4G,8G,10G
◆1GE 2Port(MAX 6モジュール実装可能)
 ■イーサーネット
     ・10/100/1000Base-T, 100Base-FX/1000Base-X
◆ファイバーチャネル(MAX6モジュール実装可能)
 ■1/2/4/8/10/16G
◆OSA(光スペクトラムアナライザ) モジュール
 ■Full Band  1250-1650nm/C+LBand 1521-1611nm

10/40/100GE DWDMベースのサービステスト
■レイヤ1アンフレームBERTを実行して、物理レイヤを検証
■有効なイーサネットフレームを使用してレイヤ2 BERT/スループットテストを実行し、エンドツーエンド伝送を検証
■エンドツーエンドのQoSパラメータの検証:スループット、フレーム損失、ラウンドトリップ遅延、フレーム到着遅延、フレーム遅延変動(ジッタ)、アウトオブシーケンスフレーム
モバイルバックホールテスト
3Gや4G/LTEネットワークの迅速な展開と高帯域サービスの需要の高まりにつれ、モバイルイーサネットバックホールが急速に進展しています。ネットワークパフォーマンスの評価は、信頼性が高い従来のTDMネットワークからパケットベースのサービスへの移行が求められている通信業者にとっては重要なステップです。UX400を用いることで、帯域幅、遅延、ジッタなどのあらゆるサービスの主要なパフォーマンスインジケータを測定し、迅速に適格なサービス展開を評価できます。
SCPIリモート制御
 
UX400自動試験機能
■Auto Scripting (自動試験機能)の設定
■10個の測定プロファイルを登録して自動試験を実行し、測定結果の保存が可能
■開通工事・現調時に定型的に実施する複数の試験設定(64/1518/9200Byteフレームサイズ、 測定レート100%、測定時間等)を設定して順次自動で試験する機能