メインテクノロジー ホーム  
VeEX(ビーエックス)メインテクノロジー
お問い合せ サイトマップ  
  home ニュース 製品紹介 サポート
 

製品一覧から探す

イーサネットテスタ
 

TX300S デュアルポートテスタ


型式 TX300S
メーカー名 VeEX 製品分類 イーサネット、SDH/SONET関連測定器
概要

デュアルポートで2アプリケーション同時テスト可能、小型軽量コンパクトでフィールドのテストに最適CPRI L1/L2 テスト機能に対応、GPS・アトミッククロック内蔵(オプション)で高精度片方向遅延測定が可能

用途

OTN、SDH/SONET、PDH/DSn、64k~10G、1G/10Gイーサネット、ファイバチャネル、CPRI、OBSAI

プラットフォームの特徴
■デュアルテストポート構成で2アプリケーション同時テスト可能
■フィールドサイズ,290×140×66㎜,3kg以下,バッテリー動作
■7インチTFTカラータッチパネルと日本語対応で快適操作
■GPS・アトミッククロック内蔵(オプション)で高精度片方向遅延測定
■SCPI/VNC リモート機能,ReVeal
■RFC2544,BERT,スループット,ループバック
■VLAN, MPLS,MPLS-TP,PBB
■SyncE/IEEE 1588v2
サポートインターフェース
■イーサーネット
 ・10/100/1000Base-T, 100Base-FX/1000Base-X
 ・10GE WAN/LAN
■OTN/SDH/PDH
 ・ODU0,ODUFlex,OTU1/2/1e/2e,
 ・STM-0/1/4/16/64,OC1/3/12/48/192
 ・DS1/3, E1/2/3/4
■ファイバーチャネル
  ・1G,2G,4G,8G,10G
■CPRI
  ・614.4Mbps/1.2288Gbps/2,4576Gbps/3.072Gbps/
   4.9152Gbps /6.144Gbps/9.8304Gbps
■OBSAI
  ・768Mbps ~6.144Gbps
遠端対向での片方向遅延測定が可能
TX300S CPRI L1/L2 テスト
◆特徴・機能
 ・CPRI:614.4M~9.8304Gbpsのすべてのレートをサポート
 ・PRBS パターンを使用したBER測定
 ・L1・L2 テストに対応
 ・Master(REC)、Slave(RE)
 ・エラー(Bit,Code)/アラーム挿入(LOS,LOF,SDI,RAI,RLOS,RLOF,)
 ・検出( LOS,LOF,SDI,RAI,RLOS,RLOF,HLOF,BLOF)
 ・規格に準拠したCPRI RTD測定
 ・エラー/アラームイベントログ機能

SCPIリモート制御
同期ネットワークテスト
IEEE 1588v2/PTP -   パケットをベースとした同期メカニズム:マスタークロックエミュレーション、
            通常のクロック/スレーブクロックのエミュレーション、PTPメッセージのキャプチャ/解析および PDV解析。
ITU-T G.8261 SyncE - 「ビットストリーム」からクロック信号を復元。従来のSONET/SDH/PDH PLLSと同様。
            復元されたクロックのワンダおよび周波数測定。